上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やあ、信on現役プレイヤーのお歴々。
4年半ぶり、お久しぶりです。

なんとなく見とめた、twitterの信onクラスタに、
「みんなもののふになりゃいいんだよ。
 国に忠なく、合戦に行かない糞も、
 負け戦がいやで、勝ち馬移籍した卑怯な裏切り者も。
 側衆筆頭に改易機能くれ。
 一門だけに実装しやがって、
 それがありゃ片っ端から粛清してやったのに。」
と、投稿してみれば、反論してくる者がいるではありませんか。

伊崎ニャン太氏曰く
「返信遅れてしまいましたが、折角なので。
 忠誠心(ロイヤリティ)が欲しいのならばそれは相手に求めてはいけないと思う。
 それは要求するものではなく、獲得するものですから。
 得られないのは、得られない自分の責任。」
と。

はぁ?
いつ俺が、俺に対する忠誠心の話をした?
5日後に返信でこの内容って、
読解力0のド低脳か、俺のような単なる煽り好きかどちらかしかなさそうなので、
とりあえず、ひたすら馬鹿にすることした。

※下記リンクを参照
大軍師伊崎ニャン太氏を雑賀衆の筆頭に!
スポンサーサイト
エアコンを入れる前の朝1や、
電力消費量の多い時間に節電でエアコンがつけて貰えない時間帯。
それがし軟弱者なので、エアコンがないと仕事が手につきません。
うちわを仰ぐのが仕事になっちゃう。

だからといって、その間、扇風機の電源を入れると、
パソコンの消費電力上がり、白い目で見られる。

そんなときに強い味方になるのが、
USBファン&モバイルバッテリーの組み合わせです。
USBファンもモバイルバッテリーも1000円ぐらいからありますし、
合計で3,000円程度で暑さを凌ぐことができます。

自分は1年前に買ったPowerBankの5000mAhのモバイルバッテリー使用してますが、
一日中、回していても、バッテリランプが3本あるうちの丸1本残ってましたし、
モバイルバッテリーだからといって、風力が落ちるようなこともありません。
自分が買ったのは当時1,500円ぐらいだったと思いますが、
今は10,000mAhのものが2,390円で売ってるので、そっちの方が買いだと思います。

モバイルバッテリーは1本持っとくと便利ですよ。
IPhone,IPad,Android,デジカメなんでも外で充電できるようになり、
電池切れの心配がなくなりますからね。

扇風機は無印良品の「USBデスクファン(低騒音ファン)」を使用、
USBファンの中では風力は強い方だと思います。
自分の中では最強でした。
音の方は低騒音とありますが、全く無音ではないものの、静かな方だと思います。
少なくとも前に使ってたメルコのBSOTOS09WHと比べると、
風力・静音性どちらも勝ってます。


まぁ、どのみち、一人だけ扇風機回して涼しい顔してれば、白い目で見られるんですけどね。
「僕の扇風機は夜間電力を使用しておりますので、問題ありません。(キリッ」
なんてこと、ドヤ顔で言えば、嫌な顔されるの請け合いですけどね〜。
新MBA買ったので、要らなくなった自作パソコンを実家にドナドナすることが決まりました。

しかし、問題が一点。
キーボードは付けてあげられるのだけど、マウスを付けてあげられない。

MBAにはトラックパッドがついてるとはいえ、
これまで使ってきたお気に入りのトラックボール「M570」はこれからも使います。
まぁ、トラックボール渡されても、ちょっと困ると思いますが。

そんなわけ、なんかやっすいマウスないかなっと、
いつもマウスのワゴンセールしていると記憶しているヤマダ電機LABI名古屋店に行って来ました。

来てみれば、思った通り、ワゴンには山盛りの1,000円が。
しかし、あんまり良さ気なものがない。
キーボードがUnifying(1つUSB無線レシーバーで複数の無線を受信できる機能)対応しているので、
どうせなら、マウスもLogicoolのUnifying対応してるのがいいなぁ。
なんつって奥の方まで見てみると、

あれ…?
M325が500円で売ってる。

M325は無線のUSBマウスでUnifying対応してるLogicoolマウス。

っても一部のクリエイティビティ コレクションだけなのですが、
それを除くと、他は1,780円。
パッケージが他と異なりましたので、おそらく最新ではないのでしょうが、
これは激安かと思います。
明らかに価格設定がおかしいレベル。
これは買いだぜ〜。

そんなわけで、ワンコインマウスM325CBを買って来ました。
Unifying設定のためにちょっと使ってみましたが、悪くないと思います。
まだあるか知りませんが、興味を持たれた方はヤマダ電機に出かけてみてください。

信onではやんちゃだったのに、リアルで会うと意外と常識人だね?
とガッカリされる表裏です。

こんばんは。

1/21(土)~1/22(日)にかけて、
信on萌黄サーバの某国オフ会に行って参った。

記事のタイトルは論語の一節です。
良いことばですね。
まぁ、自分は来るではなく行ったわけですが。

いやはや、共に戦った仲間との再会し、酒を飲み交わすのは楽しきものでござるな。
オフ会は良きものだと改めて感じました。

今回は1人でいってきました。
名古屋から大阪は旅費を切り詰めれば、往復で7,000円程度で行けるんですよねー。

内訳は、金券ショップや、インターネット
大阪⇔名古屋間のどこからでも乗り降りできる近鉄特急アーバンライナーのチケット代(3,300円x2)と
宿代(ネカフェナイト8時間パック+シャワー代1,600円)。
カプセルホテルでも宿代3,000円といったところ。

新幹線を使っていく場合は、JR東海ツアーズで宿付12,800円~なので、
比べると大分安上がりで行けます。
まぁ、新幹線と比べると、近鉄特急は1時間ほど余分に時間がかかりますがねぇ。

車?
親の車で大阪まで行ったことがありますが、渋滞にはまり、
待ち合わせに大遅刻した苦い記憶がありますので、車で行くことはないだろうなぁ…。
それに飲めなくなっちゃうしね。


自分は信onや歴史観を語るのが非常に好きなので、語る機会を待っておるのです。
まぁ、そんなわけで、引退者ではありますが、
「信on謀反全一 表裏」へのオフ会参加依頼待ってます。
信onはやめたかったからやめた。
やめたくないように見せたのはそういうロールプレイをしたに過ぎない。

逆にどこをどう考えたら、レベル62から
ずっとレベルの上がらないプレイヤーがこのゲームを続けたがっている
という思考に辿り着くのか、詳しく説明して欲しいものである。

信onは戦国シミュレーションゲームとして、遊べるときが何より楽しかった。
そのチャンスは滅多にない。
年に1度あるかないかそれ程、貴重なものである。
齢26歳。次のチャンスまで、どう考えてもこのゲームを続けていけそうにはない。
その考えから、このゲームをやめることを決めたのだ。

覇王伝サーバ三好家で、議長に逆らい、会議をひっくり返し、
覇王伝サーバ斎藤家で、斎藤家を枢軸に寝返らせ、
萌黄サーバ三好家会議で、三好家筆頭に恥をかかせ、
萌黄サーバ織田家で、織田家筆頭をかっさらってやった。

俺がこのゲームでそのチャンスに何度も恵まれたのは幸運だったといえる。
お陰で十分に乱世を謳歌できた。

まぁ、俺がやってたことは、下克上というより、封建社会を倒す市民革命に近いのだが。

オンラインゲーマーは、民主主義で都合が悪くなれば、規約に頼る。
また、それが通るのが、オンラインゲームの世界なのだ。

思い知らされた。
信on関連で整理すべきと思っていたことについて
大体、整理が完了いたしました。

これからは好きな戦国ネタだとかgeekネタを書いてくblogとします。

◆べるるんリーダー
 →べるるんリーダーについては
 信onをプレイしていない人間の記事が人気順の上位に来ると
 不愉快と思われる方もいらっしゃると思いましたので、
 べるさんに表裏記の登録を解除していただきました。

◆信on関連アカウントの削除
 →信on関連のアカウントを削除いたしました。
 ・表裏のログ置き場(萌黄サーバ織田家 @ WIKI跡地)
 ・表裏さんちの信on動画
 ・管理用に使用したメールアドレス(RSSリーダー機能にも使用)

◆BLOG記事整理
下記のようにBLOG記事を整理いたしました。

【信on新星】最後の戦い
 →引退に至るまでのお話。

【信on新星】織田家編
 →織田家に仕官し、枢軸陣営と戦うお話。

【信on新星】のりしろ編
 →サボり期間、攻略やネタ記事。

【信on争覇】斎藤家編
 →斎藤家を枢軸陣営に引き戻し、連合陣営と戦うお話。

【信on破天】三好家編
 →戦力0から西の強国になるお話。

【信on飛龍】三好家編
 →過疎国かつ挟撃からはじまるお話。
 ※BLOG始める前の話なので記事なし。

【信on無印】今川家編
 →過疎国今川家で徳川家との戦うお話。
 ※BLOG始める前の話なので記事なし。

【信on】geekネタ
 →信onで役立つかもしれないPC知識などを紹介。

【信on】表裏考
 →信onについて思ったこと。

【信on】新キャラ育成
 →新キャラ作成時のメモ。

【信on】上覧大会
 →上覧大会の様子など、動画が消えているため読む価値なし。

【信on】イベント
 →信onで関わったイベントなど。

【信on】批判
 →信on運営や晒し掲示板批判。

今、自分で読んでも、どれも結構面白いです。
今回のことは、ただただ無念である。
しかし、それはどうしようもないことだったのだ。

今更、織田家会議の内容を知る術がないため、
よくわからんが、赤城氏のBLOGを読む限り、
会議で話し合いの場が持たれたのかもしれない。

俺は失ってばかりだったが、
少しでも動いて頂けたのなら、それを収穫というべきか。

俺が今後、復帰するかどうかご心配頂いている方もいるようだが、それには及ばない。
無念ではあるが、このゲームをもう一度やりたいという気持ちは全くない。
誓うべき神も信じていないし、賭けるべきものも存在しないが、
それでも復帰はないと断言しておこう。

正直な話、しんどいのだ…。
今回、信on運営が引導を渡してくれたことには逆に感謝さえしているぐらいである。

信onで書きたいと思っていた記事は大体全て書いた。
これ以上、わざわざ尻尾を踏んでくれる者がいなければ、
書くこともあるまい。

~信長の野望online 萌黄サーバ戦記 表裏記 完~

何事も代償がつきものだ。

俺は、
きなこ餅氏合戦追放のために、それまで築いたすべてを代価として支払い、
失敗の代価を、全キャラクターをデリートすることで支払った。

織田家会議運営は雑賀衆所属プレイヤーのBLOGで声明を発表することや、
俺の議案を握りつぶそうとしたことで、
自らの権威を失墜させ、代価を支払った。

織田家会議運営の赤橋氏織田家一門筆頭の赤城氏は、
全鯖に向けて、萌黄サーバ織田家のレッドブーメランズとしてデビューしてしまったことで、
批評の代価を支払った。

とりあえず、武器は槍だの矢だの自分に返ってこないものを選択すべきと教えておこう。
ブーメランが刺さりまくったその顔から言葉を発しようが噴いた飯が顔にかかるだけである。


まぁ、皆、代価を支払った。

…。
オチなし。
どうせ、会議上の筆頭とも戦わねばならかったのだ。
会議上の筆頭及び、その取り巻きに対して、一応、言っておきたかったことを書く。
所詮は規約違反者、引退者のいうこととお笑いになるならそれで良い。

今回の一連の騒動に対する会議上の筆頭の対応は腹に据えかねる。

俺の行動に対して、初動で抑えようと思えばできたはずである。
いや、そうして来ないと俺は完全に舐めきった上で行動に出たわけだが。

筆頭選に敗れた後の対応も、全く自分からは動かない。
無視すればうまくいく、そう思われたようだ。

何より腹に据えかねるのは、
俺が議案を提出して、2週間経ち、握りつぶすよう動いていたということだ。
会議上の筆頭のいうとおり、議案を提出して、その対応とはな。
まるで、某東アジア共産党のようである。

それで、俺、そして俺に票を投じた人間が納得いくと考えているのだったら、
笑止というより他ない。
無駄に不平不満を募らせただけだ。

さらにいえば、
なぜ、今週、斎藤に侵攻していないのか?
代表者会議を見学させて貰っていたが、自分からは全く交渉できていない。
メンテ前に会議を開いたのも、11/02(水)0:00~だった。
こんなんで他国と交渉できるのか?
無能にも程がある。

織田家会議がなぜ筆頭として据えているのか理解しかねる。
全く仮想戦国とはよくもいったものだ。

俺は
筆頭選で負けたわけでもなく
正論で打ちのめされたわけでもなく、
会議での多数決で負けたわけでもない。

運営の判断に失望して消えていくのだ。

弑殺・下克上の1つもできない世界が仮想戦国なものか…。

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。