上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前から持っていた初代iPadではAirPlayが使えなかったため、RemotoをiPadにインストールしなければ、
AppleTVを操作することができませんでした。

最近、買ったiPad mini で AirPlay が使えるのかどうか
実家に帰る機会があったので、試してきました。


AirPlayを使うためには、同じWi-Fiのネットワークに接続する必要があるので、
実家のイー・モバイルのWi-Fiに接続し、
iPad mini のホームボタンをダブルクリック、
最近、使ったアプリが表示されるので、左から右にスワイプすると、
いつもは表示されていないテレビのマークが表示されているので、
タップすると、AirPlay ができるようになり、
iPad mini の画面をテレビに映し出せるようになりました。



スポンサーサイト
2012/11/02(金)発売のiPad mini 買って来ました。
ヤマダ電機 LABI名古屋で予約していたので
5Fの店員に予約したとき(前金¥1,500支払い済み)のレシートを渡して、
残りの¥27,300を支払ってiPad miniゲット。

もしかしたら、ポイントつくかな?と思ってヤマダ電機で買ったわけですが、
結局、ポイントは全くついてません。
スロットを回せる回数が2回から4回に補充されたので、
一応100ポイントついたといえるのかもしれませんが…。

以下、写真。

「Amazon Kindle」、「Nexus 7」、「iPad mini」と次々と発表され、
世界規模で人気の7(&7.9)インチタブレットが出揃いました。

¥15,800にも関わらず、解像度がHD(1200 x 800)の「Amazon Kindle HD」。
32GBになっても、お値段据え置きの¥19,800。クアッドコア(CPU4つ)搭載の「Nexus 7」。
そして…。
デュアルコア(CPU2つ)搭載で¥28,800の「iPad mini」…。

ネット上の批評を見ても、一番人気の低そうな「iPad mini」なんですが、
自分はあえて、これを買うことにしました。

購入の一番の理由はといえば、
タブレットをNexusやKindleにしたのなら、全部Android OS機になってしまい、
iOSアプリで遊ぶことができなくなってしまうためです。
「Amazon Kindle store」での電子書籍の購入はiOSでもできますしね。
(現時点、Macでのログインできませんが、初代iPadでは購入が可能でした。)

自分のスマフォはAndroid搭載のMotorola PHOTONで、
当分買い換える予定もありません。
Android OSのアップデートもなくなってしまったようですが、
それでも、Wimax搭載でテザリング容量無制限のこの端末は素晴らしいと思います。

しかし、
もし自分が「iPhone 5」を持っていたなら「iPad mini」は
買わなかったと思います。
Androidにも楽しいアプリはたくさんあるので、
逆に、NexusかKindleを買っていたことでしょう。

予約はヤマダ電機でしてきました。
アップルストアもありかなと思いましたが、ちょっと自宅から遠いので…。
レジのお姉さんに予約の紙を持ってきてもらい、予約の内金として1500円支払いました。
残りのお金¥27,300を発売日の11/2(金)に持って行けば、受け取れるはずです。
iPhoneと違って発売前の予約の数が現時点で少ないのかどうかは知りませんが、
「遅れることはないと思います。」だそうです。

ついでに何人ぐらい予約があったのか聞いてみましたが、
「予約件数はヤマダ電機では個人情報として取り扱っている」とのことなので、
教えてくれませんでした。

選択は終わったのであとは待つのみ。
ちっちゃくて軽いiPad mini楽しみです。
公式サイトの「PHOTON 4G (Japan)」のアップデート情報が
「Further details to follow」から「Will remain on Gingerbread (Android 2.3)」に
変わってしまいました。
つまり日本では、「Android2.3(現状)のままアップデートしません。」ということ…。

誰かauに電凸したっていう情報がないので、確実とはいえませんが、
日本では、
「Gingerbread (2.3.x)」のまま。
「Ice Cream Sandwich (4.0.x)」や「Jelly Bean (4.1.x)」へのアップデートは
ないということなのでしょう。

アメリカのところを見ても、$100で最新機種と交換するサービスに変わってますし…。
無理だったのか…。

交換サービスをauでもやって欲しいといいたいところだけど、
最新機種にはWimax対応端末がないので、LTEで転送量に制限つくだろうし…。
どのみち残念な結果になりそう…。
無念。
コスパのよさそうな道具を買い揃えていき、現在、このようなラインナップに。

小牧基地航空祭で撮った動画を整理したついでに、
松本城鉄砲隊演武 2012」と「長篠合戦のぼりまつり 2012」の動画を
youtubeにアップロードしなおしました。

HD動画をFC2動画にアップロードしようとすると、容量制限に引っかかって
サイズを小さくする作業が必要となりますが、
youtubeだとHD動画を制限なくしでアップロードできるのがいいですね。

カクうす9っていうのは外付ドライブの老舗「I-O DATA」から9月中旬に
当時、最小・最薄を謳って発売された薄さ9mmの外付HDDのことです。

このあいだヤマダ電機で、決算セールをやっていてほぼ定価でしたが
ポイントがいつもより多くつくので買うことを決心し、
レジに持っていったところ、在庫確認して貰ったら、売り切れてました。
8月にGIZMODOにも取り上げられていたし、人気なんかなっと思って諦めました。

そうして薄い外付HDDを買いたい衝動は抑えられていました…。
しかし昨日、大須のパソコンショップを周回中に良いものを見つけました。
九十九電機はカクうす9の在庫はあるみたいでしたが、ヤマダ電機よりポイントつかない…。
続いて、ドスパラに行くと、まずカクうす9がない…。
ドスパラは人気の製品が置いてないのか…なんて思いましたが、
しかし、なんか薄そうに見えたので、ADATAのポータブルHDDの箱を手に取り、
裏の仕様を読むと、なんと薄さ「8.9mm」ではありませんか…。
全然、知らないところで、いつの間にやら世界最薄記録が
たったの半月程度の短さで塗り替えれていました…。

◆仕様
「I-O DATA カクうす9」
 →W75×D110×H9.0mm
「ADATA DashDrive Elite HE720」
 →W79×D117×H8.9mm

それでも、縦横はカクうすのが小さいようです。

しかし、カクうす9が1万円弱で売られているのに対し、
ADATAの方はドスパラで「¥7,480」
流石、ドスパラさんやで…。情強はドスパラだな…。

iPhone5が巷を賑わせている、昨今、PHOTONユーザーはいかがお過ごしでしょうか。

一ヶ月BLOGの更新が滞りましたが、私は元気です。
早いもので、PHOTON発売から1年がもうすぐ経とうとしています。
なんて堅苦しい挨拶は良しといて。


自分もiPhone5欲しいです。
しかし、2年縛りもあるので、結局、買うことはないんですけどね。
割りとその手の話に詳しい人間として、頼りにされることもあるので、
「AUとソフトバンクどちらが良いのか。」という質問に対する答えは用意してあります。
自分は「AUの方が良いと思う。」と言っています。

ソフトバンクは確かLTEの2.1GHz帯の基地局数では現在、AUに優っていますが、
それは、元々、ソフトバンクが2GHz帯を主力にしていたためで、
AUの方は、当面、2.1GHzがIPhone5専用局として使え、
ソフトバンクは今使用している帯域から割いて使用しなければいけないので、
スピードはそれほどでないんではないかと言われています。

とりあえず、どちらも、今年度中に90%以上の人口カバー率を目指しているので、
iPhone発売当初は知りませんが、年度末にはある程度、LTEにつながるようになると思われます。

あと、AUとソフトバンクの大きな差として、AUならテザリングが使用できるという差があります。
テザリングは携帯をモデム兼無線ルータとして、他の携帯ゲーム機だのiPadだのパソコンだのを
インターネットに接続させることができるようになる機能です。
残念なことに1ヶ月の転送量を7GB(動画1日1時間程度見続けると)オーバーしてしまうと、
5〜10Mbps実測値のLTEの回線速度が128kbpsまで落とされてしまうという縛りがありますが、
これだけでもAUを選択する理由と成り得ると自分は考えます。

以上のことから自分は「どうせ、iPhone5買うなら、AUが良いよ。」と勧めています。


さて話はもう1つの本題、MOTOROLA PHOTONのお話。
MOTOROLA PHOTON ISW11Mの発売日が2011年10月7日、もう1年が経とうとしています。
自分は2年縛りで買ったので、白ロム携帯を買ってくる選択肢以外だと違約金が発生してしまうので、
無駄な出費をしたくなければ、あと1年使う必要があります。

さて、このPhotonあと1年実用に耐えうるのか?
いや、耐えうるでしょう。

むしろ、自分にはこの端末以外の選択肢がないのです。
なぜならば、インターネット固定回線を契約していないから。

Photonもテザリング可能なスマフォで、自分はこの端末の回線を使って、
家ではインターネットを使っています、
PhotonはWiMAX回線を使用しており、iPhone5のテザリングと違って、転送量の制限を受けません。
それでいて、常時、本体で10〜20Mbpsの転送速度。
テザリング先のMBAやiPadでも10Mbpsの速度が出ます。

海外でも販売実績のあるグルーバルスマフォ故に、
アクセサリも多く発売されていて、
HDステーションを買えば、パソコンのように操作することもできます。
HDステーションは、Amazonのセールでちょっと安くなってます。

自分も首を長くして待ってますが、
一応、ICSにアップデートする予定もあるようですしね。


いまいち、人気がないように思われるこの端末ですが、
家のインターネット接続料金を安く済ませようと思う方は、
今からでも、PHOTONという選択肢は全然ありかと思います。

2年縛りでも良ければ、家電量販店で購入することでキャッシュバック対象品。

今や、1万円以下で中古のPHOTON本体を購入することもできますし、
さらに、手数料2,100円がかかりますが、AUショップに持って行って、縛りなしの機種変が可能です。

そんな素晴らしいスマフォ、PHOTON。
ビッグウェーブに乗れなくても、PHOTONこそ、マイベストスマフォなのです。

「さくらん」が見たくなって、
レンタルサイトとかめぐっていたら、たまたま辿りついた「Hulu」というサイト。
ちょうど、4/12(木)から、月額1480円から980円に値下げというなんか良いタイミングでした。

まあ、2週間無料トライアルやってるみたいなので、
その間に飽きたら解約すればいいし、
AppleのiTunesだと今でもレンタルで300円も取られるので、それに比べれば安いしと、
軽い気持ちでID作ってみました。

対抗のサービスとして、「ひかりTV」とか「バンダイチャンネル」なんかもありますが、
それらと比較しても、割安かなといった感じです。
アメリカではYoutTubeの次に再生数の多いサイトみたいですし、
急になくなるなんてこともなさそうな点が良いかな。

アニメばっかり見るなら、バンダイチャンネルも1000円で見放題ですが、
自分は時々、発作的にガンダムが見たくなるぐらいなので、
月額契約する必要はありません。
ガンダムUCとかはどのみち見放題じゃなくて、400円でレンタルしかないですし…。


前置きはこれぐらいにして、「さくらん」を見終えた後に、
映画でも見ようとすると、動画を再生すると、
字幕が「[X][X][X]」みたいに文字化けしてる…。
何故…。

他の環境でも文字化けするか調べると、文字化けするのは、
UbuntuとPhotonのWebtopだけ…。
インターネットで調べてみると、何やら、Terminalでapt-getコマンド実行して、
見れるようになりました。
結局、必要だったのは「ttf-kochi-mincho」というフォントのインストールだけだったみたいです。

これなら、Terminalでコマンド打たなくても
「Synaptic」起動し「ttf-kochi-mincho」を検索してインストールするだけで、見れるようになりますね。
ついでに「ttf-sazanami-mincho」もインストールするか聞いてくると思いますが、
これは、そのままインストールすればOK。
※確認のためにノートパソコンの方でも繋いでみると、やはり文字化けしてましたが、
 「Synaptic」で「ttf-kochi-mincho」をインストールするだけで解消しました。

残りのphoton webtopについては、どうやらrootとらないといけないようなので諦めました…。
まぁ、そこまで使ってないし、まあいいかという感じです。
邦画だけ見てればいいし…orz

最後に動画の画質とかのお話。
自分んちは光回線を解約したので、Motorola photonのWimax回線を使っているのですが、
日曜の夜はちょっと重すぎて使い物にならないですね。
字幕が文字化けするWebtopとphoton本体での再生は問題ないんですけどね…。
HDMI接続はバグなのかよくわかりませんが、接続しても
「hdmi output disabled」という文字列が表示され、動画が再生できません。
早くできるようになってもらいたいものです。


これから、とりあえず、戦争ものとかゾンビものとか中心に見ていこうと思います。
2週間経って飽きてなかったそのまま継続課金することにします。
モバゲーだのグリーだのといったソーシャルゲームは全くやりませんが、
だからといってコンシューマーゲームもあんまり買っていません。

発売日に買った最後のコンシューマーゲームは
一昨年に発売したNintendoDSの風来のシレン5です。

いや、でも昔のプレステのゲームとかはたまにやるんですけどね。
今、ちょうどPS2ソフトの「大戦略 失われた勝利」を始めたところです。

そんな、コンシューマゲームから遠ざかっている自分が久しぶりに買おうかなと思っているのが、
今月3/17(土)発売の「ポケモン+ノブナガの野望」です。

どのブショーでやろうかな?武将の絵がキモいのばっかで迷うなー、モトナリあたりではじめるか…
いや、信長の野望じゃないから、そういうゲームじゃないのか。
6vs6の戦略シミュレーションなら
偵察車ポケモン1機、装甲車ポケモン2、自走砲ポケモン2、強襲ポケモン1ぐらいの構成かな。
そういうゲームでもないのかな?

まぁ、そんな個人的なことはいいとして、
最新のゲームともなると、やはりインターネットに接続しないと、
なにかしら、接続してるプレイヤーに比べて不利を被る可能性がありますよね。

そこで、今頃になってですが、DSをphotonのテザリングを利用してインターネットに接続してみました。

PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。